一般歯科

虫歯治療

う蝕検知液  虫歯治療では、細菌に侵された部分を完全に除去することが重要です。細菌に侵された部分が少しでも残っていると、再発するからです。
 当院では、再発を防ぐために、う蝕検知液 (細菌に侵された部分が赤く染まる検知液)を使用しています。 虫歯は黒くなっているとは限らないので、完全に除去し、かつ必要以上に健康な歯を削らないためには、赤く染まる検知液が役立つのです。

修復治療

 虫歯を除去した後は、歯の形に修復することになります。
 当院では、虫歯が小さい場合、銀歯ではなく、歯と同じ色のレジン(セラミックスを含むプラスチック)を充填しています。  虫歯が大きい場合は、銀歯もしくは保険外の白い歯になります。
 その都度、説明しますので、気軽にお尋ね下さい。

根管治療

 神経(歯髄)を取ってしまった歯は、管状でそのままにしておくと、細菌が入り込んで、根っこの先に膿が溜まり、最悪の場合、顎を大きく腫らしてしまいます。 そこで、神経を取ったあとは、歯根の部分を消毒して、細菌が繁殖しないように詰め物をします。 見えない部分の治療ですが、当院では進行状況を説明しながら治療を進めています。

歯周治療

 歯周病は、歯垢(プラーク)中の細菌が原因で、歯肉に炎症を起こす病気です。 歯垢は石灰化すると歯石になり、その歯石が歯肉を刺激してさらに炎症を悪化させるという悪循環になります。 従って歯石と歯垢を除去し、再び付きにくくするのが治療の基本です。
 当院では、歯石を含めた歯垢を除去し、研磨を徹底しています。衛生士によるブラッシング指導も積極的に行っています。

無痛治療

 当院では、笑気ガス鎮静法(医院紹介をご参照ください。)に加えて、麻酔注射の前に、表面麻酔薬を塗り、注射器は薬液注入時に痛みの少ない電動注射器を用いることで、なるべく痛くない治療を目指しています。また、麻酔による動悸を起こしにくい麻酔薬も用意していますので、不安のある方は、遠慮なく申し出てください。
麻酔注射の前に「塗る麻酔」
極細針の電動注射器
笑気ガス鎮静法の使用

Page Top

小児歯科

成長を考えた治療

 乳歯が虫歯になると、うまく咀嚼できないため、十分な栄養がとれないだけでなく、歯並びが悪くなったり、生えてくる永久歯が虫歯になったりします。
 また、虫歯があると、虫歯菌が多くなっているので、虫歯に侵されてない歯も虫歯になりやすくなります。
 当院では、乳歯であっても、徹底的に虫歯の部分を除去し、次に生えてくる永久歯の歯並びを考えた治療をしています。

泣かないでできる治療

 虫歯をきちんと治すには、泣いていてはできません。当院では、お子さんとのコミュニケーションを大切にし、少しずつ慣れていただくことで泣かないでできる治療を目指しています。一旦できるようになってしまえば、治療はスムーズに進みます。
 小さい頃に歯医者嫌いになってしまうことはぜひ避けたいと考えています。

Page Top

口のメンテナンス(PMTC)

食べ物を食べたり飲み物を飲んだ後、歯の表面にはねばねばした膜(バイオフィルム)が張ります。 これに食べ物から分解されてできた歯垢(プラーク)が付きます。この中には、虫歯や歯周病を起こす細菌が多くひそんでいます。普段の歯磨きでは、これらすべて取ることはなかなか難しいことです。
 そこで、虫歯や歯周病を防ぐためには、歯科医師や歯科衛生士などの専門家が、専用の器具を用いてバイオフィルムを除去するPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行うことが大切です。
 当院では、研磨の仕上げに再石灰化をうながす研磨剤を用いることで、より歯垢の付きにくい歯を目指しています。

Page Top
Copyrights(C) Fukuda Dentist's Office. 2008 All Rights Reserved.